安心して保管するために!倉庫をレンタルする時の注意点


屋内型と屋外型の違いに注意する

倉庫をレンタルする時、まず注意しなければならないのが、屋内型と屋外型のどちらを選ぶかです。屋内型の倉庫は屋根が付いているため、運搬する時に荷物が濡れてしまう心配がありません。しかし、屋外型は倉庫が一つずつ外に設置されているため、運搬の時に荷物が濡れるリスクが高まります。したがって荷物がしっかり梱包されているかどうか、水に強い物かどうかを十分に考慮する必要があるのです。また屋内と屋外では、セキュリティの高さにも違いがあります。セキュリティの設備が充実しているのは、基本的に屋内型の倉庫です。しかしながら屋外倉庫はセキュリティ等のリスクがある分、レンタル料金が安く設定されています。したがって予算や保管する荷物の特徴を考慮した上で、倉庫を選ばなければなりません。

倉庫の空調設備も大切なポイント

安心して荷物や商品を保管するためには、倉庫の空調設備もチェックする必要があります。日本には四季があり、夏は高温多湿になりやすく、冬は低温で乾燥する日が多いです。屋外型の倉庫の場合、このような気候による影響を受けやすいのは明白です。また屋内型の倉庫でも、空調設備が整っていなければ、外気が大きく影響します。生鮮食品を保管する場合、空調設備は必須だと言えるでしょう。空調で確認すべきなのは、設定温度と喚起、そして24時間体制で稼働しているかどうかです。

保管する荷物に合わせて梱包する

品質を損なわずに荷物を保管するためには、梱包についても考えなければなりません。衣類は紫外線やシワによるダメージを受けやすいので、ハンバーボックスや衣装ケースに保管するようにしましょう。また家電を保管する場合は、購入した時のダンボール箱に入れるのが良いです。

3PLはThirdParty Logisticsの略であり、物流用語です。荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託する仕事の事です。

お問い合せ
詳しくはこちら