フランチャイズや代理店業種や業態を決める前に行う事!


フランチャイズや代理店の比較と業種選び

業種により必要資金や営業形態が、フランチャイズや代理店では全く異なります。これらの経営はその中から自分に合うものを、選択しなければ成功しません。これらに最も重要なのは業種選びですが沢山の種類があります。飲食業の様な食べ物を提供する物や、仕入れた商品を販売する小売業、無形価値を提供するサービス業等、大きく分けるとどの業種もこの3つに当てはまります。これらへの加盟をどんな業種や業態でするのか具体的に絞り込む前に、自分がどういう方向の業種へ加盟したいのかを良く考え選んでみます。開業したいならそこから絞り込むと決めやすくなります。又開業資金や運営方法がそれぞれの業種によって全く違う事も注視するポイントです。

開業資金を抑える方法と自己分析

調理器具等を飲食業なら準備する必要があります。小売業も様々な店に設置する設備が必要となります。又サービス業を開業するなら、スタッフを雇う等他の業種より費用は高くなります。しかし開業資金を抑える方法がどの業種でもあります。飲食店なら店舗の坪数を少なくして、テイクアウト専門の店にして費用を抑えます。コンビニならFC本部の制度を利用すれば、資金を援助してくれるので大丈夫です。サービス業の場合はフランチャイズや代理店型の無店舗型サービス業にする事で、大幅に開業資金は抑える事が可能です。そして自己分析も重要です。自分に向いた仕事は何なのかを業種や業態を決める前に分析します。自分の強みや弱みを知る事や、資金調達はどれ位可能なのかの2つが判断の軸となります。

代理店とは、売主から商品を購入して販売するのではなく、売主の代わりに商品を顧客へ販売することによって、売主から販売による報酬を受ける店舗の形態です。

代理店の募集の方はこちら