一言にプライバシーといってもその形は様々にある


プライバシーを優先する

何をするにおいてもプライバシーというものがついて回ります。公園にあるベンチに腰をかけるにしても相手との距離を取ります。電車やバスに乗った時も、同じく他人との間隔をあけているはずです。まるっきり知らない人の近くには、普通行かないものです。自分の周りに何もない場所なら、プライバシーが守られる空間が生まれます。人と離れることで守ることのできるプライバシーだからこそ、人は他人との距離を取りたがるのです。そう考えると人生においてどれほどプライバシーが優先されているかがよく分かります。

人によって違うプライバシー

恥ずかしがり屋の人は人に見られることを拒みます。見られたくないと思った瞬間、その人にとってのプライバシーが発生します。何を言われても気にしない人は、鈍感なのでプライバシーを持ちません。若い女性にとって裸になるのは抵抗がありますが、中年の男性などなら頭がはげようが、上半身裸で歩こうが平気という人も多くいます。女性は男性よりデリケートなので、そういった面でもプライバシーは多くなると思います。プライバシーは性別や年齢、性格などによっても人それぞれ違ってきます。

盗難対策が必要なプライバシー

ちょっと覗かれたりするのは何とか我慢できますが、あからさまに使われたり、触られたりするなら完全にプライバシー侵害にあたります。特に書類においては、本人の住んでいる場所や年齢や名前など重要なプライバシーであることが多いので、失くさないように十分注意するべきです。また貯金通帳や銀行のカードも財産に関わるプライバシーとなりますから、紛失はもちろん盗難対策もしっかりやらなければなりません。

機密文書の定義は、「関係者以外に漏洩するとその関係者に不利益が生じる情報を含む文書」とされています。その中でも「極秘」・「秘」・「社外秘」と重要度合いが3段階に分かれています。

機密文書の廃棄の他の記事