eラーニングを使いこなそう!研修で使うのに適しているときとは?


eラーニングの特性を知ろう

eラーニングは社員研修によく用いられるようになったシステムで、社員がオンラインシステムにアクセスして自由に受講できるのが特徴です。期日を定めていつまでに受講すればよいといった形で運用できるため、社員が一堂に会する必要はありません。不規則な時間帯に働いている社員がいたり、海外出張に行っている人がいたりしても大丈夫です。また、通常はオンラインテキストを読んで効果測定を行うという形で構成されているのがeラーニングの特徴です。漫然と講義を聞くのに比べると主体的に学ばなければならないため、内容をよく理解してもらうことができます。eラーニングを導入するためにはインフラが必要ですが、導入を終えてしまえば低コストで運用できるのも魅力です。

eラーニングはどんなときに適しているか

eラーニングで研修を行うのに適しているケースはいくつもあります。例えばテレワークを導入していていつも社員が会社にいるわけではなかったり、出張や外勤が多かったりする現場ですぐに研修を行いたいとなると有効な手段です。また、どうしてもよく理解しておいてもらわなければならないことを社員に周知させる上でも有用になります。効果測定で覚えておいて欲しい内容を確認すれば、確かに理解したかどうかを把握できるからです。eラーニングは一度内容を作ってしまえば何度でも運用することができます。定例の安全講習などの場合には毎年ほとんど労力をかけずに研修を行えるでしょう。使い方次第でとても便利で効果的な方法なのです。

派遣のeラーニングは派遣スタッフとして登録している人が利用できるサービスで、仕事のスキルアップに役立つ知識を身につけることができます。インターネット環境さえあれば、好きな時間に好きな場所で学べます。