意外な社員教育が増えている、現代の裏事情とは!?


コミュニケーション能力を高める社員研修の必要性

従来であれば、コミュニケーション能力は、大人としての常識であり、わざわざ社員研修を行う必要性は無かったでしょう。ITが発達した現代においては、従来よりも人と直に接する機会も減る中で、コミュニケーションが苦手な現代人も増えているのです。

コミュニケーションが苦手な人材は、直接、人と接する様なサービス業ではもちろんの事、社内における意思疎通にも悪い影響を与えかねません。コミュニケーションが苦になり、職を辞められてしまっては、大切な人材を失う結果にもなるでしょう。

従来の様な叱咤激励による教育内容では、パワハラと受け取られる可能性もあり、上司に当たる人々は違ったコミュニケーション能力を身に付けなければならないはずです。

企業を引っ張れる様なリーダー育成の必要性

リーダー的な育成とは、現在活躍されているリーダー的な人々から直接、教わる内容などもあるのではないでしょうか。ただし、その内容は、現在における姿を真似ているにしか過ぎません。あるべきリーダー像は、効果を高めるために心理的に分析されています。成長力のある企業は、そのノウハウを身に付けるために、外部からの指導者によって積極的に社員研修を行わせているのです。

従来の子供達は、ガキ大将がいる様な仲間同士で遊んでいた時代もありました。ビデオゲームの普及により、その傾向が少なくなっているとも言われているのです。その結果、社会人になってからも、ガキ大将の様な責任力のある人材が減っています。これは、社会的な問題でもあり、企業の存続のために、社員研修によるリーダー育成の重要性が高まっている背景もあるのです。

会社に入社してすぐであれば、研修を受けるのは当然です。しかし、経験を積んだ管理職こそ、悩み多きものです。そんな時、管理職研修を受けると新たな発見があるものです。