社内報はウェブと紙の併用でよさをアップしよう!


社内報を出す目的とは

社内報とは、会社内の人向けに出される広報ツールです。現在、会社がどういう方針で動いているかの情報を共有することが目的です。また、会社の歴史や社長の想いなどを定期的に発信することで、社員の会社への愛着を強くする意味もあります。それぞれの部署にスポットを当てて記事をまとめたり、社員のインタビューを載せたりする会社もあります。いずれも、会社への帰属意識を高めたり、仕事へのモチベーションを上げることに有効です。

ウェブ発信で社内報を出すメリット

社内報の形式には、ウェブ発信のものがあります。会社内のパソコンでのみ閲覧できるサイトに、社内報を上げる方法です。ウェブ発信のメリットとしては、いつでもすぐに更新ができるという点です。新しい情報が入ったらすぐに掲載できるので、情報の鮮度を保つことができます。また、紙の社内報でかかる印刷の時間や費用を削減することができます。記事を書いたらアップロードするだけなので、紙で出すよりもハイペースで社内報を出していくことができます。

紙の社内報のメリット

一方、紙の社内報にもメリットはあります。まず、手元に社内報が残るのはウェブにはない特徴です。実際に物質としてそこにあることで、より記憶に残りやすくなりますし、愛着も持ってもらえます。また、家に持ち帰って家族と共有することもできます。妻や子供に仕事の内容を知ってもらうことは、モチベーションアップにつながります。

ウェブ発信の社内報と紙での社内報を併用している会社も多いです。併用することで両方のメリットを享受することができます。

社内報は社内広報を行うためのツールです。時には、上司の本音や会社近くの食事処の情報が載っていたり、一見あまり役に立たなさそうだけれども、よく見ると知らなかった情報がたくさん載っているので必見です。