知っておかないと損をする?貸倉庫の上手な選び方


レンタルをする前の荷物の確認

貸し倉庫を利用する前の忘れてはいけない確認作業が預け入れる荷物のサイズや種類についてです。一口に貸倉庫と言っても、貸し出すスペースから預けた荷物の管理に至るまで業者によってそれぞれ異なります。実際にこの確認を怠ったことで、いざ荷物を運び入れたらスペースが足りずに全て入れられなかったという事例も少なくありません。

こうした失敗をしないためにも、荷物の量や大きさをしっかりと把握をして、余裕を持って入れられるスペースを確保することが大切です。

料金の相場を知って比較検討をする

貸し倉庫のレンタル料金は業者ごとがそれぞれ自由に決めることができるため、同じスペースや管理体制でも数万円以上違うケースも多くあります。広めのスペースの確保や空調完備など条件が良くなるほど値段は高くなるので、平均の相場を知った上で複数の業者から比較検討をすることが大切です。

貸し倉庫は土地代が安いという理由で都市部よりも地方の方が費用が安い傾向にあります。もしこだわりが無いのであれば、こうした地方の貸し倉庫を選ぶのもおすすめです。

貸し倉庫業者の見つけ方

貸し倉庫を見つけるおすすめの方法がインターネットの活用です。ネット人工の増加に伴って、貸し倉庫業者の多くが自社のホームページを開設して集客を行っています。こうしたホームページでは値段はもちろん、貸し出すスペースや現地までのアクセス方法など詳しく情報が掲載されているのが特徴です。

これらの情報から無理のない範囲でのアクセスや、安心して預けられるセキュリティー対策の有無について判断をすることが失敗しない倉庫選びの秘訣になります。

物流は、日本の産業競争力を強化したり、豊かな国民生活を実現したり、地方創生を支える重要な社会インフラです。

物流の管理の更新情報